読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アセクシュアルは障害じゃない!

クマひげゲイ兄さんのこちらの記事に対し、Queers United「Aセク指向に関するAフォビアな記事への応答」というエントリをあげているので、応答のほうのみ訳してみました。邦訳は例によって例のごとくかなりテケトーですのであしからず。

*****

In a piece by J.A.T.G.A.B. about asexuality, there are a plethora of flaws and misinformation. This is not a post seeking to rail on a fellow queer blogger, but it would be wrong if we did not seek to correct him on this subject of which he is sadly ill informed.


J.A.T.G.A.B. about asexualityの記事には、たくさんの欠点と誤情報がある。これはクィア・ブロガーのシンパのあら探しをする投稿ではないが、この主題に関してひどく間違った情報を持っているかれの誤りを指摘しなければまずいと思う。



The sum of the article is about the author being offended at the notion that asexuality can be compared with homosexuality, the article goes on to insist that asexuality is a disability. The post suggests that LGBT activists who have incorporated the “A” into the acronym LGBT are immature, and foolish.

この記事の骨子は、ブログの著者がアセクシュアリティが同性愛と比較されうるという意見に腹を立てているということであり、記事は「アセクシュアリティは障害である」という主張へとつづく。その投稿は、“A”をLGBTという頭字語に加えたLGBT活動家は幼稚でバカであると示唆している。



“As far as I’m concerned, this isn’t an orientation — it’s a disability.”

“わたしの知るかぎり、これは指向ではないーー障害である。”



“Disability” is about lack of ableness, asexuals are fully able, equipped, and biologically capable to engage in sexual activity. It is not a disability, it is an orientation with little to no desire for sexuality. By same token many homosexuals are able to engage in heterosexual sex, it is a lack of desire to do so, this does not render homosexuality a disability. They are both examples of variants of human sexuality.


“障害”とは能力の欠如のことだが、アセクシュアルたちは充分に能力があり、素養もあり、性的な活動を行う生物学的な適性がある。障害ではなく、性的欲望をほとんど持たないという指向である。その証拠に、多くの同性愛者たちは異性間性交を行うことは可能だが、そうする欲望に欠けているのであって、だから同性愛が障害であるということにはならない。どちらもさまざまな人間のセクシュアリティの実例である。


“I find it deeply offensive to have these “asexuals” comparing themselves to gay people.”


“これらの“アセクシュアル”を同性愛のひとびとと比較するなんてひじょうに腹立たしい。”



Why should it matter? The asexual movement is not comparing itself to gay or transgender people, it is distinct yet offers parallels. Asexuals do not face harassment, or violence for their orientation, they do however struggle as gays do with a coming out process, and a lack of information/resources about their identity.

それがなぜ問題なのか? アセクシュアルの運動はそれをゲイやトランスジェンダーのひとびとと比較していないし、別個の類似点を提示しているだけだ。アセクシュアルはその指向によって嫌がらせや暴力に直面しないが、同性愛者たちによるカムアウトのプロセスや、アイデンティティに関する情報/資源の欠乏においてと同じようにかれらは葛藤する。



“It doesn’t mean that many people who classify themselves as such don’t need counseling and sex therapy.”

“そのように自分たちを分類するひとびとがカウンセリングやセックスセラピーを必要としていない、という意味ではない。”




If someone was sexually active and has lost their libido, had some sort of trauma than they should seek counseling. Asexuality is an orientation, they are completely content with the way they were made, they don’t feel the need to undergo “treatment” anymore than gay people should seek to go into “ex-gay” programs which don’t work.

性的に活発だったひとが性欲を失ったなら、ある種のトラウマを抱えてカウンセリングを受けようとするだろう。アセクシュアリティは指向であり、自分たちの生きかたに完全に満足しているので、同性愛者たちが役に立たない“元ゲイ”プログラムを受けようとするようには、“治療”を受ける必要があるとは思わない。




To clear up some other statements in the article.

記事内のほかの発言も片付けよう。




The Asexual Visibility Education Network (AVEN) has had 17,106 members sign up, it would be hard to gauge the number of active forum members. As far as the orientation, scientific studies suggest about 1% the population identifies as asexual.

The Asexual Visibility Education Network (AVEN)には17,106人の登録メンバーがいるが、活動しているフォーラム会員をカウントするのは難しい。指向に関する限りでは、アセクシュアルを自認する人口は1%であると科学的研究が示している。




As far as the man who got divorced and now lives happily in a sexless gay relationship, this does not mean he is repressed. Asexuals can have a romantic attraction, and can also be gay, lesbian, bisexual, or transgender. Homoromantic asexuals can choose to have a romantic relationship with someone of the same-sex and forego the option to have sex.


離婚していまはセックスレスのゲイ関係で幸せに暮らしている男性に関しては、かれが抑圧されているとは言えない。ゲイ、レズビアンバイセクシュアル、トランスジェンダーと同じように、アセクシュアルもロマンティックなものに惹かれうる。同性に対してロマンティックに惹かれるアセクシュアルたちは、同性のだれかとロマンティックな関係を持つ、あるいはセックスをするというオプションを選択できる。



Queers United proudly stands by the asexual community and looks forward to continued dialogue, and education about all sexual and gender minorities.”

Queers Unitedは堂々とアセクシュアル・コミュニティの側に立ち、継続的な対話とすべての性的/ジェンダー・マイノリティに関する教育を期待する。


Asexuality is fluid like any sexuality. Sure, there’s common ground in a lack of desire or drive for sexual interaction, but there is a huge spectrum of asexuals who still fall in love, still desire romantic relationships (with varied levels of physical affection). Asexuals aren’t all straight. They’re heteroromatic, homoromantic, and anywhere inbetween. So of course they’re a part of the queer movement, since you can be queer and nonsexual. When I realised this (as someone who isn’t asexual), everything fell into place. Suddenly I understood “the asexual thing”. They’re fighting for the same rights we are. They need the same rights we do.

ほかのセクシュアリティと同じように、アセクシュアリティは流動的である。確かに、かれらに共通する基盤は性的な相互行為への欲望や活力の欠如だが、恋に落ちたり、(さまざまなレベルの肉体的愛情をもった)ロマンティックな関係を欲望したりと、巨大な連続体である。アセクシュアルはストレートばかりではない。異性にロマンを持つひともいれば同性にロマンを抱くひともいるし、その中間のひともいる。だからもちろんかれらはクィア・ムーブメントの一部であり、あなたもクィアノンセクシュアルになりうる。(アセクシュアルではない者として)わたしがこのことに気づいたとき、すべて合点がいった。“アセクシュアルなものごと”を突然わたしは理解した。かれらはわたしたちと同じ権利を求めて闘っている。かれらはわたしたちと同じ権利を必要としている。