読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナー映画マニア自慢(5)

映画評

第2位 『ひなぎく』(1966年、チェコ


20代のとき、この映画がリバイバル上映として吉祥寺で公開された。チェコの映画だから、配給元はシュヴァンクマイエルと一緒のチェスキー・ケーである。


最近、懐かしくなってDVDを取り寄せた。ヴェラ・ヒティロヴァ監督の訃報を知り、ついでにこのDVDを入手したのである。


『小さな悪の華』を残念ながらわたしは観ていない。『乙女の祈り』の原案と同事件を扱ってるらしく、その『乙女の祈り』が壊されないように避けていた。


あらすじは、マリエ1とマリエ2の姉妹がおり、露出の多い派手な服を着て、いつもケラケラ笑っている。孤独で金持ちのおっさんと高級レストランで話し、ついでに奢ってもらうという援助交際を早くもやっている。


軽薄でバカっぽいけど、周囲は荘厳で堅苦しくて、常に雰囲気をぶち壊している。その世界への反乱、反抗は、無自覚に無邪気だ。いま観るとただのバカ映画に思えるが、60年当時は画期的で挑戦・挑発的な映画である。
映画『ひなぎく』(予告編)