雨傘運動ガールズ・トーク ヘイトなニッポンで香港デモの声をきく

昨日このイベントに行ってきた。
ICレコーダーはない。もちろんノートに手書き。
逆にこういう部分が印象(記憶)に残っていて書くと早い。

オデがこのフライヤーを見て「絶対いぐ!」と宣言したのは、そこはかとなく「ふぇみレズ臭」がしたからだ。これは「偏見」とも「動物的希望観測(直感)」とも言える。

最初に、このイベントを知らせてくれた福永くんが来て(オデが一番先だった)、「レズ臭ハンパネエw」とコーフンすると、
「若い中国のフェミニストレズビアンは一緒に盛り上がって運動するよ」と言い、その辺はセパレイティストの歴史を持つアメリカとは大違い。
ああ、中国に行きたい!!!


【登壇者のお一人】
去年、鶴橋の反原発運動のデモで、「声を出さない人」がいた(物理的か精神的かわからないわ〜)。声の出しかたが必要だと思った。一方、ニュースなどでデモを紹介するだけでは上澄みの報道じゃないか? と疑問だった。


【登壇者のお一人】
雨傘を差すーーー自らを守る意味。暴風雨(台風、嵐など)が自分らを襲う。
  小選挙区でひとを選ぶ不安。
  アクティビストたちを選んでグループ化するのは可能!

国家行政に対する4つの提案が出された。そのなかで、学生が提案したものが選ばれて驚いた。

対話が重要。街頭で教育活動をした(写真がある)。平和的な対話。(辻説法? ソクラテスの「問答法(産婆術/助産術)」を連想)
教師たちが立ち上がり、授業をボイコットした。
裏側では、国家がマフィアを使って学生に暴行させる。

中国:天安門事件(1989年)
香港:オキュパイ運動(2014年)
日本:安田講堂事件(あさま山荘事件日本赤軍、1970年前半)
   重信房子重信メイ(ジャーナリスト)


【登壇者のお一人】
日本のメディア(1970年代?)
ウルトラマン仮面ライダー
「ファンタジーとしてのヒーロー像」
(オデだったら『女囚さそり』シリーズが最もフェミレズ的!)

独立系メディア、学生たち
香港人”の「心(アイデンティティ、感じかた、考えかた)」が変わった。
デモにおけるクリエイティビティ、アイディアもいい。警官がウケるくらい。

香港TV「種をとばせ」10分弱の上映。
憲法は民主的な社会、理念を描いているが、実際そう行動すると政府から圧力を受ける。国営放送は「チャイニーズドリーム」を描いている。

「ナンポウシュウマツ?(漢字わからん)」がオキュパイの報道をする。大手メディアは一切やらない。NHKが取材に来ただけ。
「性の多元性」をモットーにする「酷拉時報Queer Lala Times」のネットだかzineだかの編集者(テンテンさん)に「自分自身の安全は?」と訊いたところ、「やはり不安である」。かのじょは客観的にコメントした。青リボン(反オキュパイ運動)もある。

「内地網民」というfacebookがあり、great fire wallの例えをしていた。
大陸メディアは、“中立じゃない” “政府側”
もう一人いた“うさぎちゃん”がHuLuで「与弥一芥」「風雨中抱」というスローガンを持ってネットに露出。うさぎちゃんが渡航しようとするとその動きは政府にストップされる。大陸のフェミニストたちは諦めない(井田真木子『小蓮の恋人』を思い出す。中国人の女性は強く、中国人の男性は生活力がかなりあるという印象を持った)。

「中立を問う」(ーーー中立ということはすでに体制側に消極的に加担しているのだ!)

香港学生たち
「自由がどんどん後退していくのを知っている」「大陸にも影響がある」


【登壇者のお一人】
特定秘密保護法が去年12月に制定され、12/10に施行される。そのデモをやる。SASPLが主催。もともとは反原発
「ただ食べずに思いを伝える」ハンガーストライキの学生たち。
「デモ見に行こうぜ!」
SASPLの活動は、パブコメ、デモだ。デモ行進は1年に3回やった。
「デモをいかに好意的に、格好良くやるか?」
「デモ=ダサい」、暴力的なフレーズを使わない、フライヤーやネットで拡散、
↑オデはすぐ怒りを感じたが、黙っていた。
(そのスタイリッシュさ!!広告代理店かよ!!☜褒め言葉w)

栗田隆子に聞かせたいわw

みんなが納得できる。
今おかしいことが起きているんだ!
みんな正義を求めている。

「それが正義だから」 香港人はコロリと変わった。デモのやりかた、考えかたを。
「権力」は敵に見える。「敵」をつくらない可能性
      →そんなことやっていたらガンジーになるよ!!


【質疑】
「過激な人たちが中間層の支持を得られない」
      →「中間層」を「正義」のターゲットにしてるジャマイカ!
democracyは「民主主義」と訳されたが、本当は「下剋上」なのでは?
(「男女共同参画」も変に政治的用語なのよね。「男女平等」じゃダメなの?)


【応答】
民主主義は、刷新(一つの転換)である。
1)自分自身の刷新
2)コミュニティの刷新
3)政治的主体の刷新
それに、4)愛が必要。
―――中東のジャスミン革命もあったよな?


【ひとりごと】
「個別性を貫くと普遍性になる」
ひとりだけでなく、全員がやること。
時間調整できないのね…w
バイリンガルでコンテンツ盛りだくさんwwwゲスト多いwww
「欲張りフェミニストたちめ!!(褒め言葉)」とフィードバック用紙に書いてきたわー。オデも参加したーい♪


おしまい。

女子フロートのテーマが「マリアージュ」だと?


今週末、第7回東京プライドパレードが開催されます。3年ぶりのパレードを呑気に楽しもう、パレードの後は飲むぞ! とルンルンしていたのですが、つい先日、パレードで唯一の女子フロートのテーマが「マリアージュ」であると知り、すっかり脱力しました。


以下、パレードのフロート案内より抜粋。


Celebration? 祝福? なぜカップルだけが祝福されるの? 結婚が本当にハッピーだと信じてるの? 異性同士だろうと同性同士だろうと、なぜ「カップル」にだけ特権が与えられるの? カップルにならなきゃ安心して生きていけない社会っておかしくない? そもそも女が貧乏なのは、「いずれ結婚して家庭に入る」ことを勝手に想定されて賃金が安く見積もられているせいなのに、その部分を是正しない限り、貧乏な女同士がカップルになったって生活は不安定のままのはず。もしも一方が倒れたら共倒れ必須じゃん。「結婚」のもたらす表層的なイメージに乗っかって、ハッピーなお祭りムードを演出することが、本当にハッピーなわけ?


冗談じゃない。


そう思ったあなたに here is 朗報。「反婚」「貧困」をキーワードとして掲げる有志でパレードに参加します。もちろん女子フロートで。「マリアージュ」がテーマなら、「アンチ・マリアージュ」もそのテーマに当然含まれるはず。みなさま思い思いのスローガンやメッセージを記載したプラカードを持参して、「マリアージュ」フロートに参列しましょう!


【スローガンの一例】
・結婚は差別だ!
・結婚による承認はいらない!
・結婚はビンボーのはじまり!
・女の問題はレズビアンの問題、レズビアンの問題は女の問題!
・カップル主義反対!
・ひとりでもレズビアン
・性と生きかたに中立な社会保障を!
・婚姻制度反対! 戸籍制度反対! 天皇制反対!
婚外子差別反対!
・恋愛撲滅!
・家族制度粉砕!
・女をなめるな! レズビアンをなめるな!
・女(レズビアン)を安く使うな!
・堕胎罪を撤廃しろ!
少子化上等!
・女(レズビアン)のからだは女(レズビアン)のもの!
代理母を使うな!
ホモフォビアにNO!


「こんなスローガンどうよ?」というアイディアをお持ちでしたら、ぜひお知らせください(コメント欄でもメールでも歓迎)。8/13(金)19:30〜、渋谷の宮下公園(原宿側)にて、プラカードづくりを行います。ビンボーそうな女たちが半紙を広げて呪詛の言葉を書きなぐっていたら、その魔女たちがあなたの仲間です。カモンジョイナス

パレード当日は、フロートへの参加申し込み(「She Loves Her」号ですよ!)をして、隊列に参加してください。カカシ型のマペットが目印です。


【関連URL】
プルカツ主義(漫画漫文)
ハッピー アンチ ブライダル パレード反婚おめでとう!(キョートット出版の)
陽のあたる毛の会

女性のメーデー WOMEN'S “WALKING” MAYDAY

昨日開催された女性のメーデーに参加してきました。
晴天に恵まれ、歩いていると汗ばむほどの陽気でした。

参加者は30〜40名(たぶん。きっちり数えたわけではありません)。渋谷の勤労福祉会館前からスタートし、宮下公園を抜けて明治通りを南下し恵比寿方面へ。恵比寿駅前を通って恵比寿西1丁目の公園で解散。全行程およそ2kmのルートを約1時間かけて歩きました。

うららかな日曜の午後にお仕事ご苦労さまって感じですが、デモ隊を先導する担当警察官、どう見てもデモ隊をぞんざいに扱いすぎ。映像ではほとんどカットしてますが、「歩行者が待ってるから早く歩いてください!」の連発。「セックスワーカーを差別するな!」というシュプレヒコールの後で、仲間の警察官に「セックスワーカーってなんだ? うひゃひゃひゃ」と話しかけていたのをわたしは聞き逃さなかったわよ。

5.16デモ 「女性のメーデー  "WOMEN'S "WALKING"MAYDAY"」@渋谷周辺


デルタGも賛同してます。

あっ、カンパは当日します!



=============================================

■5.16デモ

〜〜〜〜WOMEN'S"WALKING" MAYDAY in SHIBUYA〜〜〜〜

”女が歩く・女が動くメーデー

=============================================

○日時 5月16日 14時集合 15時出発

○集合場所 渋谷勤労福祉会館(住所:神南 1-19-8 (郵便番号:150-0041))

○デモコース

渋谷周辺を予定しています。詳細は追ってお知らせいたします。

○主催 

女性と貧困ネットワーク

○連絡先 

03-3261-3397(留守電&ファックス) binbowwomen@gmail.com

☆手作りサウンドデモ(っぽいもの??)目指します!鳴り物(ラッパ・鈴・笛・太鼓・マラカス・ペットボトルに石を入れたものなどなど)持ち込み大歓迎

☆仮装・コスプレ等歓迎。「普通」「地味」な格好もちろん歓迎。

☆プラカードもちろん大歓迎。

☆当日叫ぶ「コール」を募集!(binbowwomen@gmail.com)ex. 「女を安く使うな!」「パートさんと呼ぶなー・名前で呼べー」等々。

☆当日はマスコミが来ることが予想されます。顔が出ることがまずい方は、サングラス・帽子等で顔を守っていただきますようお願いいたします。

☆賛同団体・個人は(公表可の方は)随時ブログ等でご紹介させていただきます。またデモコースなどの情報も随時アップします。

☆デモのカンパ受け付けます(当日のカンパも受け付けます)。

<カンパ振込先>

郵便口座番号(郵便局窓口・ATMで振り込まれる場合)

00130-2-472572 名義:女性と貧困ネットワーク

※銀行から振り込まれる場合

店番号 〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)

預金種目:当座

口座番号:0472572

通信欄に「メーデーカンパ」とお書きください。

※※ 賛同される方は以下を下記の連絡先にあててお送りください。

メール:binbowwomen@gmail.com(題名は「女性メーデー賛同」としてください)

※郵送:東京都千代田区神田神保町2-18 日下ビル2F

NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ方



〜〜〜〜WOMEN'S"WALKING" MAYDAY 呼びかけ文〜〜〜〜

はたらいていない女・はたらいている女

強気の女・弱気の女

正社員の女・パートの女

結婚している女・結婚していない女

「日本」の女・「外国籍」の女

母である女・子どものいない女

・・・

女達は負ってきた傷によって、社会制度によって、互いに知らないことによって、

お互いが対立した関係と思えてしまう場合がある。

そしてメーデーは「労働者のための日」といわれているけれど、

女にとって「働く」とはウチでも外でもぶつかる問題だ。

外で働けば低賃金、不安定な仕事ばかり。

ウチに帰れば「家事」というしごと、「介護」というしごと。

働いていないと思っていても「働いている」ことがよくある。

働く気が起きない私は怠け者。

でもよくよく社会を見れば働くことから疎外されていることも多い。

だから、今日は働いている/働いていないという線引きのない、女のメーデー

とりあえず、歩いてみよう。ゆるゆると。

「言いたいことが言えない」 

それはもしかしたら、どんな立場の女でも共通した悩みかもしれない。

私の悩みを社会につなげるため

女性の悩みを社会につなげるため

職場のイジメが耐えられない!

仕事を休みたい!

泣き止まない赤ちゃんをどうしよう!

介護がしんどい!

結婚しないと肩身が狭いなんていやだ!

制服のクリーニング代くらい会社で出せ!

などなど。

車道のまんなかで叫んでみよう。

叫び声が女たちへの呼びかけになるように

叫ぶことが難しければ、

叫び声を聞きながら、ゆっくり歩いてみよう

デモの参加が難しければ、沿道で叫ぶ声に対して手を振ってくれてもいい。

女性が自分を嫌わないために。

女性が自信を持つことができるために。

女性が女性にとって「敵」ではなく、支えあう「人」となるために。女性同士が支えあえる「社会」をつくるために。

一緒に、渋谷を歩きませんか


〜〜〜


○賛同団体(五十音順)

アジア女性資料センター/安全な労働と所得保障を求める女性介護労働者の会/NPO法人自立生活サポートセンターもやい/クオータ制の実現をめざす会ふくやま/くにたち派遣村/主婦戦線/女性のホットライン・ふくしま/女性ユニオン東京 /生存のためのメーデー広島実行委員会/働く女性の全国センター/陽のあたる毛の会/ペイ・エクイティ・コンサルティング・オフィス/府中地域で生きる仲間の会/みんなであたらしい広島県つくる会/

○賛同個人(五十音順)

青山薫(京都大学助教)/荒川ユリ子/安斎加奈/伊藤みどり(働く女性の全国センター)/いなりあきこ(「もの作り組合シスターふっと」発起人)/うてつあきこ(NPO 法人自立サポートセンターもやい)/岡晃子(社団法人京都勤労者学園)/岡嵜啓子/京極紀子(学校事務職員労働組合神奈川)/国澤静子(主婦戦線)/栗田隆子有限責任事業組合フリーターズフリー)/黒田節子(福島県・公務パート)/さとうしゅういち/白崎朝子(介護福祉士・ライター)/鈴木悠可/高浜敏之(くにたち派遣村)/田中宏治/NAOKO IKEDA/中川志保子/中村順/七尾寿子/藤井豊味(女性ユニオン東京)/北条うらら/ミヤマアキラ(デルタG)/本山央子(アジア女性資料センター)/ようこ/吉岡多佳子(4.29「逃散や不服従」メーデーDIYプレ企画「満腔の思いを託したパペットを、公共空間に乱立させるために!」発起人)/屋嘉比ふみ子/吉田孝行 (敬称略)

(2010/5/9現在)

※賛同団体・個人等ぞくぞくと増えています。カンパもいただいております。個々のメールにお返事できず恐縮ですが、この場をお借りして賛同の皆様に御礼申し上げます。更なるご賛同をいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

「レズビアン」を中心としたパレード記録映像を観る


ふぇみん2010年4月5日号に掲載された記事のご紹介です。

***

2月21日、新宿区早稲田のパフスペースにて、1995年と2006年に開催された「東京レズビアン・ゲイ・パレード」のドキュメンタリー映像の上映会と、監督2人を囲んでのアフタートークが行われた。

東京レズビアン・ゲイ・パレード(性的マイノリティのデモ行進)は94年スタート。00年からは主催団体が交代して再開し、通算6回行われている。
 上映作品は、冨岡千尋監督『TLGP that matter』(2006、8分)と、なるさ監督『影のない1時間』(1996、27分)。圧倒的にゲイ男性の参加が多いパレードながら、いずれもレズビアンを中心に据えた貴重な記録だ。

団結だけでは不十分
『TLGP that matter』では、パフォーマンス・アーティストのイトー・ターリさんの作品「Rubber Tit」(ゴム製の巨大なおっぱい)とともに歩くレズビアン・フロートの様子や、主にレズビアン・アクティビストたちへのインタビューが収録されている。
あるとき冨岡さんは、スイスで行われたレズビアン・ゲイ・パレードのドキュメンタリー映像を観る機会を得た。そのとき、日本のパレードも記録しておこうと思い、カメラを回すことにしたという。
「『団結』だけでパレードはできないし、『パレードができてよかったね』だけでは収まらない課題がある。特に06年当時「東京レズビアン・ゲイ・パレード」という名称ではレズビアンとゲイ以外は参加しにくいとするパレードの『名称問題』が持ち上がっていたし、ゲイ男性以外の参加者がなかなか可視化されない、数十万人が参加する海外のパレードに比べて規模がとても小さいなど(東京は3000人規模)」

日陰から日なたへ
『影のない1時間』は、日本史上2回目に行われたパレードの記録映像。翌97年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭の公募に出展し、準グランプリ受賞。サンフランシスコをはじめ海外の映画祭でも上映された。
作品タイトルは、それまで「日陰の身」だった性的マイノリティたちが、真夏の東京・渋谷の人ごみのなか、白昼堂々と声を上げたことと、当時のパレード全行程(千駄ヶ谷の明治公園から渋谷の宮下公園まで)を歩くと1時間かかったことに由来する。前年に結成されたレズビアン・パフォーマンス集団「国際ビアン連盟」のメンバーたちが派手な衣装やメイクでダンス・パフォーマンスを行う様子や、レズビアン・シンガーのCHUさんによるギター弾き語りライブ、当時なるささんが住んでいたシェアハウス「高円寺ハウス」の住人たちへのインタビューが収められている。
「高円寺ハウス」は93年4月オープン。当時40歳だったなるささんが共同生活をしたいと思ってはじめた。国内外の多くのレズビアンたちが集った場所だ。インタビューでは、レズビアンであること、今の自分の生活、今後の展望などが語られた。
 上映会にはCHUさんも参加し、15年前の映像で歌った『さあみんなでカムアウト』をトークの最後に披露してくれた。

10年の歳月が物語る
『影のない1時間』ではサングラスをかけた参加者が目立ち、パフォーマンスに趣向を凝らすなど、沿道の観客を強く意識していることがわかる。トップレスにペインティングした女性たちもいて、当時でも充分「過激」「挑発的」と見られたはずだ(後にトップレス参加は厳重に禁じられた)。
一方、『TLGP that matter』はカジュアルなスタイルの参加者が多く、前者ほどの気負いはあまり感じられない。普段着のまま参加できる気楽さがある。
個人的には、新しいムーブメントとして強烈なパワーを発揮した前者の映像に強く惹かれるが、ムーブメントを維持する時期となっては、黎明期とは違ったパワーが必要なはずである。
今夏、3年ぶりにパレードが開催される予定だが、今後のためにもこれら2つの映像を振り返ってみてはいかがだろうか。

自主上映会の問合せ先は、連連影展 FAX03(3401)8944 fav(at)renren-fav.org

『外泊』観て外泊しましょ!(宮下公園で)

にちじ:4月30日(金)19じより 映画のあと、みんなでトーク
ばしょ:宮下公園(渋谷駅より徒歩5分)

上映:『外泊(Weabak)』キム・ミレ監督 
韓国/2009年/73分/日本語字幕付/
日本語字幕制作:FAV連連影展

女は来い! ともだち連れて来い!

映画『外泊(Weabak)』は、超大型スーパーマーケット「ホームエバー」ではたらく非正規・正規労働者の女性たちが、レジ前や売り場に毛布を敷いて泊まり込みのストを行なった510日間を記録したドキュメンタリー。各地で上映され話題を呼んでいます。

ナイキ公園化に向け渋谷区が工事強行を予告、「公園はみんなのものだ!」と駆けつけたいろんなひとが入れ替わり立ち替わりスクウォットしてる宮下公園で上映会やっちゃいます。みんなで『外泊』観てトークしましょ!

※ お茶は出しません
※ ごはん持ち寄り
※ 子守りアリ
※ ノートテイクなど必要な方、ご連絡ください☆
anarchy.hole@gmail.com

※ 宮下公園は駐車場の2F &陸橋もあるおもろい公園。
真ん中にある陸橋の下あたり、線路沿いに(タワーレコードの横の道)
車いすのひとや大荷物のひとも使えるゆるやかスロープあり。
会場は原宿側になります
地図はコチラ


※ テントに泊まれます。持って来られる方はぜひテントを持ってきてください
※ 雨が降ったら・・・5月1日(土)19じから に変更

企画:穴あきの会ーANARCHY 協力:FAV

陽のあたる毛の会HPより転載しました。

*****

渋谷・宮下公園のナイキパーク化問題については、女の出る幕ナシな感じがして敬遠してましたが、こうやって「女は来い! ともだち連れて来い!」と呼びかけられるとついつい心の尻尾をちぎれるほど振ってしまいます。とはいえ、ミヤマが駆けつけたところで「女」のビジビリティが上がるかどうか保証はないです。しかも当日別件予定があって参加できません。雨天順延になってくれたら行けるのだが。

*****

2010.05.01追記
昨日の午後、『外泊』上映前に陽のあたる毛の会HPの桐田史恵さんが「さえずりカフェ」をやると聞き、病み上がりの身を引きずって宮下公園に行ってきました。いまいさんというかたに柑橘&はちみつ茶とクッキー3種をごちそうになり、桐田さんは『おうまのおやこ』と『ましなだけ(「ろくでなし」の替え歌』を歌ってくださいました。桐田さんの歌は「さえずり」どころではなく「おたけび」的な熱唱でした。思わず胸が熱くなりました。

そして、いまいさんからは「セクハラ 男→男」というzineを、桐田さんからは「かえうたの歌集(1)」をいただきました。桐田さんの了承をいただいて、「ましなだけ」の歌詞をここにご紹介します。みなさんもぜひ楽しく歌ってください。

ましなだけ    作詞:桐田史恵と陽のあたる毛の会HP

会議の途中で湯のみを洗い
1人の女が席を離れたら
それに気がついた1人の男が
自分がやるよと洗いものかわった

ましなだけ ましなだけ
そんなくらいで ほめるな


労働組合 大卒の男が
性労働の搾取を語った
ごはんつくったり気をまわすその男
女たちひそかに男をほめそやした

ましなだけ ましなだけ
そんなことは とうぜん


ほめられるとでも思っていたのかよ
ましだと言われてちょっぴり悲しそう
どれだけあきらめてきたかと思うの
だからほめられるだけだとわかれよ

ましなだけ ましなだけ
そんなくらいで ほめるかー

かえうた歌集(1)には全6曲の歌詞が紹介されていました。いずれ陽のあたる毛の会HPに歌付き動画がアップされるそうです。

飯野由里子×ミヤマアキラ対談:「<名付け>をめぐるポリティクス」採録公開

2009年5月20日、国際基督教大学にて、大学教員の飯野由里子さんと対談をさせていただきました。そのときの対談内容がようやく公開と相成りました。CGSスタッフのみなさま、文字起こしや編集作業などありがとうございました。


飯野由里子×ミヤマアキラ対談:「<名付け>をめぐるポリティクス」採録公開!!