地味に電子書籍で出版します(しかもエロ小説)

唐突ですが、ミヤマアキラ初短編小説集を電子書籍で出版しました。そういうことです。金額は9.99USD。2月10日現在、日本円で1200円くらい。でも無料キャンペーンやる予定です。

 

壁の紙魚/奇妙な夫婦/ペドフィリア

 

まあ一応読めることは読めるのですが、オデ的にはDTPに完全に失敗してるので、ご笑覧くだされ。

またしても唐突ですが、<あとがき>を抜粋します。短編小説の解説には手っ取り早いし。

 

***

 

2010年、脳梗塞で左片麻痺言語障害高次脳機能障害という後遺症になり、私は当然、身体も言葉もままならないので、生活保護を受けて働かないで暮らしていた。少しは生活保護から脱出するため就職活動もしたが、もともと会社に勤めるのが性分に合わなくて、半年で辞めた。


発症後、脳梗塞高次脳機能障害、リハビリについての本や、それ以外の本を読み漁った。仕事をする体力はないが時間はたっぷりあるので、若いころ好きだった作家の本、新進作家の本、芥川賞の本も読み、これだったら私に書けるかもしれないと思ったが、劣悪な住宅事情が執筆活動に向かないので、去年の二月にバリアフリーの住宅に転居し、生活環境を一新して小説に取り組んだ。金にならないのは当然だが、いまではこれは私の仕事だと思っている。しかし読み返してみると、まだまだ精進が足りないと思った。


以下は各作品についての感想やエピソードである。


<壁の紙魚>は、好きなラジオ番組の相談があり、パーソナリティーが語っていた言葉をヒントにして書いた。往々にして男性が一方的に女性に一目惚れし、告白しようと悩んでいるのだが、そのパーソナリティーの回答は「相手の女性は状況や事情をまったく知らないから怖いと思うでしょう、だからおよしなさい」という優しいたしなめの言葉を伝えた。男性はどうして女性を見た目で判断するのか、どうして一人で勝手に盛り上がり、いきなり相手を巻き込もうとするのか。相手の女性は単なる迷惑を通り越し、告白する男性に対する不快や恐怖で生活もままならないだろう。私が怒りと疑問によってこの作品を書いたら、主人公は人間の見た目を通り越し、何か空気のような雰囲気のようなものを見ているのが昔からの習慣だった、という落ちになった。


<奇妙な夫婦>は、実際の私が経験した話である。フリーライターをやると必ず、こういうオカルトめいたエピソードが出てくるは私だけではないはずである(特にビジネス関連の実用書はポエム染みていて空恐ろしい)。この作品は、私の人の引きの強さ的に強烈で、信仰もなしに身体(存在)には効果があるものだと思ったものだった。その(相談の)効果は、私の過去世(前世よりもずっと前の経験の記憶)がより明確になってきて、時間的に暗示が強くなってきているが、私はいまだに信じていない。たとえ彼女は本物のヒーラーだとわかっていても。これは現代の哲学事情もそうなっている。「新実在論」を提唱したマルクス・ガブリエルというドイツの哲学者は、「物理的な対象だけでなく、それに関する『思想』『心』『感情』『信念』、さらには一角獣のような『空想』さえも、存在すると考える」のである。おそらく私は、自己都合な解釈をしているだろう。


ペドフィリア>は、リチャード・ガードナー『少年の性的虐待(2005)』を読んで思ったことが作品のモチーフになった。この本は「被虐待者は少女」「養父か見知らぬ人が加害者」という、かつての性的虐待の神話を崩そうとして、ジェンダーの面から分析している。「実父が加害者であり、その妻は共犯者」というのが、性的虐待のクライアントにカウンセリングして判明・分析したデータの集積であり、私の印象に深く残った。当然アメリカのケースばかりだが、私はこれを日本に置き換えて、旧家の「家制度」を加えた。制度で後継するのは伝統文化や財産だけではない。暗い影の因習や閉塞感、負の遺産も継承されるだろう、と憶測で空想した。この空想が事実でなければいいと願っている。


最後になったが、この作品の表紙写真を提供してくれた壱花花さんに感謝したい。壱花花さんのフェイスブックには、ときどきこのうさぎのぬいぐるみの写真がアップされているが、それを見た私はいつも不気味可愛い感じがして、思わず笑ってしまうのだった。

                                                  二〇一七年二月十日                                   ミヤマアキラ

 

アウトプット、ぼちぼち始める

お久しぶりです。オデです。ミヤマアキラです。
脳梗塞発症以来、このデルタGを運営していくのに、とても悩みました。
オデとしては、ノン・ヘテロ(同性愛者等)のブログだったのに、いきなり中途障害(片麻痺言語障害失語症高次脳機能障害)になって、オデにとってはアイデンティティも形成されてないし、アーカイブだって貧相だしで、ここ数年はただインプットあるのみでした。
発症して、今年の12月でちょうど5年です。できることならば、身体障害(精神障害)とノン・ヘテロとのリンクした記事を配信したいと願いつつ、オデのアーカイブをまとめてみようと思います。アウトプットのいい機会です。
いまやデルタGは、ブログでは時代遅れとなりました。オデの個人活動なので、画期的なアイディアと技術はまったくありませんが、facebookにDeltaGを作成しました。もし興味があれば、「いいね!」をクリックしてください。


オデとは?:もともと、松尾スズキの小説の主人公が自称「オデ」で、豊崎由美(社長)もTwitterなどに引用して「オデ」と言ってます。それをまた引用したのが、ここの「オデ」です。

Kiana Firouzさん、英国内での保護を得る

4月末にエントリした「イラン人レズビアンKiana Firouzさんを救うための署名にご協力を!」の続報です。

6月16日付けで、Kiana Firouzさんが英国内での滞在許可を得たニュースがいくつか報道されています。

Breaking: Kiana Firouz has asylum By Paul Canning

Kiana Firouz、保護を得る


LGBT Asylum News has confirmed that Iranian lesbian Kiana Firouz today received 'leave to remain' in the UK - saving her from removal to Tehran after two refusals, originally and at appeal.


LGBT Asylum Newsは、本日、イラン人レズビアンKiana Firouzさんが英国内での「滞在許可」を得たことを確認した。もともとの申請と再審理請求で二度も拒絶され、テヘランへ向けての放逐から救済されたのだ。


Kiana has been the focus of the largest ever international campaign for an LGBT asylum seeker, with over 45,000 signing a petition. We published Kiana's statement back in April.


Kianaはこれまでに行われたLGBT政治亡命者のための国際的キャンペーンにおいて最大の注目を集めた。45,000以上の署名が集まったのだ。われわれは去る4月にKianaの声明を発表している。
http://madikazemi.blogspot.com/2010/06/breaking-kiana-firouz-has-asylum.html

例の署名サイトをチェックすると、トータル署名数は45161でした。

Kiana Firouz granted leave to remain! June 16th, 2010
Kiana Firouz、滞在許可が認められる!

Those of us who wrote to Theresa May about Kiana Firouz’s case should start celebrating, as she has just found out she can remain in safety in the UK! This shows what a difference people-power can make!


Kiana Firouzは英国内に安全に滞在できることになったから、彼女についてTheresa May(英保守党議員。現在の保守-自由連立政権における内務大臣)宛てに手紙を書き送ったひとびとは祝杯をあげよう! これはひとびとのパワーがとても重大な変化をもたらしうることを示している。


The 27-year old actress and lesbian activist faced deportation back to Iran, where she would have been at risk of torture and death as a result of her sexuality. 1,942 of us wrote to Theresa May telling her that this must be stopped.


27歳の俳優でもあるレズビアン活動家は、イランへの強制送還に直面した。そこは彼女のセクシュアリティによって拷問と死のリスクにさらされる地である。1942名のひとびとがTheresa Mayにこのことを伝え、止めさせるために手紙を書いた。


Together we have shown that we will not sit back in cases like this where asylum seekers are at risk because of their sexuality.


セクシュアリティによるリスクにさらされている政治亡命者たちのケースにおいて、我々はなにもせずに傍観することはない、ということも同時に示している。
http://blog.38degrees.org.uk/2010/06/16/kiana-firouz-granted-leave-to-remain/